FC2ブログ

MEETS VOICE

A VONTADEやorslow、CURLY、BRU NA BOINNE、MOJITO、COMOLIなどの質の高い国内のブランドから、アメリカ、ヨーロッパからの質実剛健なインポート、DeadStockなどを展開するMEETSのスタッフによる日々の出来事や商品をご紹介する BLOG です。

僕の中でこのシューズとの出会いは革命です。

どーも、ヒラタです。















019_20120807_173.jpg





個人的にもこのシューズの入荷を待ち侘びておりました!


今期よりお取り扱いをスタートいたしましたのは、昨年2001年デビューのBlueover


大阪発のブランドで、MADE IN JAPANにこだわり、「新しく変わらない:New unchanged」をコンセプトに質の高いコンフォートシューズを生産。


品性ある製品を生み出してくれるのです。


職人の持つ伝統と技術からもたらされる「品性」を生かしたシューズ作りには圧巻です。


是非、ご賞味くださいませ。















写真多めです。。。

Blueover mikey velour [ORANGE]

001 (2)_20120807_150

002_20120807_151.jpg

003_20120807_152.jpg

004_20120807_153.jpg

005_20120807_154.jpg

006_20120807_159.jpg

021_20120807_179.jpg















Blueover mikey velour [NAVY]

007_20120807_158.jpg

008_20120807_164.jpg

009_20120807_165.jpg

010_20120807_162.jpg

011_20120807_163.jpg

012_20120807_174.jpg

024_20120807_180.jpg
















Blueover mikey velour [WINE RED]

013_20120807_167.jpg

014_20120807_168.jpg

016_20120807_170.jpg

015_20120807_169.jpg

017_20120807_171.jpg

018_20120807_172.jpg

026_20120807_181.jpg










カラー展開は3色。(ORANGENAVYWINE RED


こちらのmikey velourというモデルは、質の高い毛足の美しいスェードをアッパーに使用。


ブランドさん側の高い意識が感じ取れる、天然皮革を採用しております。


天然皮革にすることで、永きに渡って愛用していただけると共に、革の風合いが味わい深いモノへと昇華いたします。


そして、こちらの革は厚みとコシがある床材で、染色した上に表面を起毛加工しています。


そうすることにより今までにない鮮やかさで、深みのある発色の革になっているのです。


ちなみに裏側には素上げピックスキンを。


吸湿性、通気性に優れて、加えて環境にも優れているのです。


ディテールとしては、余計な装飾を出来るだけ削ぎ落とし、様々なシーンに対応出来るようにとシンプル、且つ、ベーシックなパターンを採用。


つまり“つなぎ目”がほとんどない『1枚革』のデザイン。


シンプルでありながらも、贅沢な革づかいは革の持つ魅力を十分に堪能することができ、他にはない存在感を感じさせてくれるのです。

001 (2)_20120807_150














自身、購入させていただきましたが、本当に疲れを感じさせません。


その訳は、ソールにあったのです。


ランニングシューズなどで扱われており、軽くて反発・クッション性の良い素材を採用。


加水分解の心配がないというのは、とても心強いポイント。


反発・クッション性の良さで、長時間履いても疲れにくい状態を保ち、歩く時には、自然な足の蹴りだしを助けてくれます。


ブランドの本拠地と同じく関西は神戸で発達した高い技術を誇る、歴史あるソール素材なのです。


そんなソールを2重に施してあるのだから、そう簡単に疲れる訳がないのです。


そして、ラストはブランドオリジナル。


レトロ・スニーカーを基本フォルムにしながらも、スポーティになりすぎず、長時間の足入れでも疲れにくいように設計。


足の収まりが良いのです。

012_20120807_174.jpg















シンプルな出で立ちの中で、インソールのデザインが何とも面白い。


ヴィンテージのランニングスニーカーをモチーフとされているのでしょう。


脱いだ際、ついついヒトに魅せつけたくなってしまいそうです。

017_20120807_171.jpg




















僕が今とても注目しております、こちらのBlueover。


何が良いかって、もうこの雰囲気ですよね。


作りに関しましては、上記に記した内容では全然足りません。
(じっくり次回記したいと思います)


この雰囲気をお楽しみいただけたら、と。


僕なりの考えですが、洋服においてインポートやドメスティック、はたまた古着やスペシャルなヴィンテージ、いやいや多方面なジャンルの洋服、僕にとってはどれも一洋服。


垣根がないのです。


今この時、洋服は何着か着用していたとしても、靴は絶対的に一足のみ。


だったら、靴にもこだわるのは当然のこと。


"自分なり"の良い雰囲気の靴をチョイスしたいものです。


且つ、元来靴屋さんではチョイスしない様な靴が好き。


そんな僕の"わがまま"にフィットしたのが、このBlueoverだったのです。










懐かしく、新鮮。


シンプルだけれど、斬新。


普通なんだけど、特別。


そんな絶妙なニュアンスの雰囲気を併せ待った、Blueoverの靴は僕の"わがまま"にぴったりハマッたのです。


ユルい雰囲気の格好をする時もあれば、かっちりとした雰囲気のスタイリングをしたい時もある。


けど、ユルくなり過ぎたくないし、かっちりし過ぎたくもない。


そんな"わがまま"もこのシューズなら、ちゃんと言うことをきいてくれるのです。


カジュアルなコーディネートから、きれい目なスタイリングまで、驚くべきほどフィットしてしまうその汎用性の高さには本当アッと驚かされます。


似合わせの高さは、もはや圧巻。


皆々様、それぞれの"わがまま"があるかと思います。


こちらのシューズなら様々なその"わがまま"にきっと応えてくれます。















動画を見つけました。


宜しければご覧下さいませ。

















ちなみに僕はORANGEにしました。

他のカラーも欲しい。。。

002_20120808_182.jpg




















写真よりも実物の方がはるかに雰囲気を持ってございます。


是非、店頭にて見て、触れて、履いて、その雰囲気の良さを実感していただけたら、と思います。


なかなかこういった「新しく変わらない」雰囲気のシューズはないと思います。


僕の中でこのBlueoverとの出会いは革命です。


ひどく落ち着き、ハッと驚かされるのです。


このニュアンスに共感していただけるのならば、非常に嬉しい限り。


いかがでしょうか?

Blueover

001_20120807_147.jpg















お客様のご来店、心よりお待ちしております。




スポンサーサイト



  1. 2012/08/08(水) 20:16:31|
  2. 商品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2012 FALL 本格スタートです! | ホーム | 今日のお客様>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://meetsichie.blog26.fc2.com/tb.php/1908-603cb17d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

テリー

Author:テリー
MEETS STAFF によるブログ、MEETS VOICE へようこそ。

熊本県熊本市中央区上通町11-22 BRビル
096-351-9777

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

MEETS MAP


大きな地図で見る

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる