FC2ブログ

MEETS VOICE

A VONTADEやorslow、CURLY、BRU NA BOINNE、MOJITO、COMOLIなどの質の高い国内のブランドから、アメリカ、ヨーロッパからの質実剛健なインポート、DeadStockなどを展開するMEETSのスタッフによる日々の出来事や商品をご紹介する BLOG です。

履いて鏡に映る姿は実にモダンなのです。

どーも、ヒラタです。















ここ最近は冬モノはもちろんのコト、シューズ類の入荷も続々と続いております。


個人的にも心待ちにしていた一足、入荷してきております。


以下、どうかお付き合いくださいませ。










c0181543_235779.jpg

dirndl + bua/ディルンドュル・ブア

1992年、オーストリア・ザルツブルグ近郊で設立されたシューメーカー。

ノルウィージャン製法を用いて、200年以上も昔にデザインされたと言われるハファールシューズを中心に、コレクションを展開。

近年ではイタリアのタンナーの特徴的なレザーを使いワークブーツを手掛ける等、伝統の殻を破る製品作りで、注目を集めています。

伝統的なデザインが、非常に魅力のハファールシューズなのです。











008_20131122_5509.jpg





一見すると、 " 何だコレ!? " みたいな靴。


ただ、履いて鏡に映る姿は実にモダンなのです。










dirndl + bua (ディルンドュル・ブア) HAFERL SHOES [6001]

pfckhp.png










オーストリアのシューメーカーより、はるばるやってまいりました " ハファールシューズ " 。


しかしながら、そもそもハファールシューズとは何ぞや・・・・・


普段はあまり見慣れない分野ですし、ご存知でない方も多くいらっしゃるかと思います。


ご説明いたします。










【 HAFERL SHOES/ハファールシューズ 】


ハファールシューズはワークシューズであり、アウトドアシューズ、チロリアンシューズであります。


つまり、チロリアン地方の人々の間で古くから伝わる靴です。


元々は1803年にアルプスカモシカの蹄(ひづめ)を手本として靴職人が考案しました。


当地での仕事を含め、山間部を歩き回る為の生活に根ざした靴です。


トレッキングの本場で長年愛され続ける確かな機能に裏打ちされた品質があるのです。

500_10233022.jpg















フロント部分の切り替えが印象的なクラシックな出で立ちのハファールシューズ。


アッパーには、色味に特徴のあるイタリアンレザーを使用。


独特の "アジ" をも醸し出します。

ofg.png















タンと履き口は、無骨な印象を和らげる様な配色のスウェードレザーの切り換え。


この辺りにソックスが弛んだりすると、尚良い雰囲気なのでしょうね。


また、長いタンは湿気と埃を防ぐ為のディテール。


その風土に馴染む様考慮され、設計されいるのですね。

qsr6















このバックスタイルからも、その独特のフォルムが見てとれます。


他のシューズとは違う立ち位置の靴、それがハファールシューズ。

uefgew.png















インソールには、ブランドロゴがプリントされています。


古くから続くチロル族の手書き風のタッチの絵。


思わず興味をそそられます。


肝心の履き心地ですが、クッション性に富みますので快適な履き心地ですよ。

9duh9.jpg















アウトソールは、歩行がし易いオリジナルソールで施されています。


一見コマンドソールの様なソレは言うまでも無く、耐久性に長けているのです。

fg0njf0.jpg















トゥの部分に高さが保たれているデザインにも独特の雰囲気を感じさせます。


つま先部がゆったりとしており、特に山を下る際に快適に履ける様にと、、、、、、


なるほど。


郷に入っては剛に従えに宜しく、その風土に合った設計が伝統を物語ります。

pfgim.jpg















そして、忘れてはならない点。


それは、製法にあります。


" ノルウィージャン製法 "


パラブーツのお家芸でもあるノルウィージャン製法とは、インソールに加工を施し、アッパーとインソールをすくい縫いにしたものと、補強のための甲革と中板を出し縫いにして、その後アウトソールと出し縫いにするという非常に手間の掛かるものです。


ウェルトを使わずアッパーをウェルトの代わりするため、ノルウィージャン製法のブーツのアッパーには高い強度が求められます。


加えて、アウトソールには防寒用の厚いものを縫い付けるため、太い糸が用いられます。


このいわゆる二重縫いによって、ハファールシューズは履く人の足と個々の動作にぴったり適応し、
それによって履き心地の良さと丈夫さとが一体となっているのです。


しかしながら、近年ノルウィージャン製法は非常に手間が掛かりますので、あまり使用されないのが現状です。


限られた職人による、量産できない製法は、もはや貴重な仕様なのです。

img57526623.jpg

pfgim.jpg















古きよき伝統を、上品に仕上げた出で立ちが絶妙です。


良い意味で、ファッションのトレンドとは関係のない、オリジナリティーがあります。


こういった一足は、長く履いていただけるコト間違いありません。

ofjdgd.png










特徴的なデザインではありますが、
独特ながら美しいフォルムで、不思議と難なく幅広いスタイリングに応用が効きます。


これも、牧歌的な雰囲気の中に気品を感じさせるからこそ。


一見すると、 " 何だコレ!? " みたいな靴。


ただ、履いて鏡に映る姿は実にモダンなのです。


是非、その風格と温かみを感じてみてください。


僕達の考えるアイテムとの掛け合わせにも、スーッと溶け込んでくれるのです。


逸品と呼ばずにはいられない、靴好きにはたまらない一足なのです。



dirndl + bua (ディルンドュル・ブア) HAFERL SHOES [6001]

h999_20131127_5554.jpg









気になる方は コチラ より。















何かご不明な点などございましたら、お気軽にご質問くださいませ。


それでは、お客様のご来店、心よりお待ちしております。





o MEETS ONLINE SHOP → http://www.meets-ichie.com/

o City Lights ONLINE SHOP → http://www.citylights-spiral.jp/

o ichie DAILY REPORT → http://ichie0803.blog.fc2.com/




スポンサーサイト



  1. 2013/11/27(水) 19:40:40|
  2. 商品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<一石二鳥、暖かなリバーシブルベストです。 | ホーム | 今日のお客様>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://meetsichie.blog26.fc2.com/tb.php/2605-a1da6b1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

テリー

Author:テリー
MEETS STAFF によるブログ、MEETS VOICE へようこそ。

熊本県熊本市中央区上通町11-22 BRビル
096-351-9777

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

MEETS MAP


大きな地図で見る

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる