FC2ブログ

MEETS VOICE

A VONTADEやorslow、CURLY、BRU NA BOINNE、MOJITO、COMOLIなどの質の高い国内のブランドから、アメリカ、ヨーロッパからの質実剛健なインポート、DeadStockなどを展開するMEETSのスタッフによる日々の出来事や商品をご紹介する BLOG です。

リメンバー、Fernand.







皆様こんにちは、ヨシダです。

フランスはエムバペの活躍で勝利。

アルゼンチンはメッシ不発で大敗。

これぞワールドカップ。悲喜こもごもなところも醍醐味の一つですね。

いよいよ明後日は、サムライブルーのセネガル戦。



渋谷のスクランブル交差点も、さぞかし悲喜こもごもなことでしょう。







さてさて、今日は思い出話とともにコチラをご紹介。



012_20180622_32476.jpg


Fernand Leather " Middle English"





アメリカン、ハンドクラフトシューズの雄、フェルナンドレザー。


いやいや、まさかMEETSで再びお目にかかれるとは。。






今からどうですかね、10年くらい前でしょうか。

当時の上司がえげつない雰囲気のスリッポンを履いてたんです。

すかさず”それどこのですか??”と食いついたのがこのブランドとの出会いでした。

当時の私は、オーロラシューズたるモノは知っていたつもり。

ただ、全くの別物とまではいかなくても、明らかに違ったオーラを放っていたことを今でも鮮明に記憶しています。



017_20180622_32475.jpg



トゥがポテっとしたルックスでどこか可愛らしいんだけど、どこか男臭い。

アメリカンなんだけど、どこかエスプリの効いたフレンチな香りも。

クラフト感たっぷりなんだけど、金の金具が妙に大人臭くて色気があって。





016_20180622_32474.jpg




それから即、購入を検討するもどこもかしこもソールドお手上げ状態。

アメリカから直接購入を図るも、2~3年待ち。

それでも諦めきれず、オークションやらあらゆるネット情報を駆使して、

やっとこさ、手に入れたんです、このミドルイングリッシュ。





念願叶って、やっと手に入れたフェルナンド。

それはもう履きました。

良い革ってのは足入れした瞬間に分かりますよね。

重厚なんだけど、しなやかで柔らかい。ザ、オイルドって感じの質感がたまらかなったんです。


これはもうトコトン履いてやろうと。



革靴といえば経年変化でしょ!と渋い光沢・渋い履きジワを妄想しながら、雨の日も風の日も毎日履きました。

よほど履きやすかったんでしょうね。

あとコレがどんなスタイルにもバシっと決まるんですよ。




そんな日が半年?一年?くらい続いたんですかね。

ある時から、革に異変が。。なんとカビが生えてたんです。

そりゃそうです、雨の日も履きまくって、あげくにミンクオイルたらしまくってたんですから。

まあ今思い返せば、ようそんな状態で履いてたなと。それだけ気に入ってたんでしょうけど。

しかしまあ不潔。


このフェルナンドショックからしばらく落ち込み、履くのを辞め、なんとそのままお蔵入りに。。

お前バカかと。クリーニング出せよと。

当時の私には、そのバイタリティすら欠如していました。。




しかしこのフェルナンドを通じ、改めて革製品との向き合い方を教えられた気がします。

”どんなに良い革でも節度ある着用、節度ある手入れが大事だぞ”と。

若造の私はフェルナンドさんに教えられたわけです。




015_20180622_32473.jpg




ちなみに、このミドルイングリッシュ。

潤沢なオイルが染み込んだオイルドレザーです。

お手入れに関しては、日ごろはホコリを取るブラッシングだけで、あとはナチュラルで十二分だと思われます。

やはり自然な光沢が一番で、着用するごとに美しい光沢が生まれますから。





きっと今なら最高なエイジングで履いてあげる事ができるんでしょうね~。


リメンバー、フェルナンド。。


叶うことならリベンジ、フェルナンド。。泣



そんな私のくだらないフェルナンド秘話?。



詳細など全くお伝えできておらず、申し訳ありません。

ネット検索でたくさんの情報が出ておりますので、気になる方はそちらより。


私個人的におススメは、茨城にあるダイアリーズさんのこのブログ!


いつも楽しく拝見させてもらってるんですが、実はここのオーナーさん。


元スタッフ、ネーティブさんのお知り合い。

自分にとっても、ジャー○ルの先輩にあたる方です。(私個人は面識ありませんが。)






あ、ちなみにお客様にたびたび”オーロラシューズとどこが違うんですか?”と尋ねられます。

個人的に、オーロラシューズをじっくりと観察した事がないので、自信はありませんが、

革自体は、おそらくオーロラさんもホーウィン社のモノを使われていたと思います。

ので、多少のクオリティの差はあれど決定的な違いにはならないかと。

ただ、明らかに違ったのは、これですね。


014_20180622_32472.jpg

013_20180622_32471.jpg



外側から見えると平らなソールに見えるのに、内側から見ると土踏まずが思い切り盛り上がっているんです。

オーロラは確かフラットに近かったはず。フッドベッドは知らないです。


フェルナンドの場合、アウトソールもフットベッドと同じ様に人の足型に沿った形状をしています。

このアーチは、短靴でも足全体にフィットし、人間工学に基づいた最も歩きやすいアーチらしいですよ。


”真のコンフォートシューズ”


これが全ての工程をハンドクラフトに拘るフェルナンドさんの集大成なんでしょうかね。

とにかく、素晴らしい履き心地です。




とにもかくにも、フェルナンドレザーのミドルイングリッシュ。

私にとっては、苦い思い出と甘酸っぱい思い出、そして教官のような存在です。


夏場はもとより、通年とおして最高の相棒となりうる逸品ですよ。



オンラインショップにもアップしました。

どうぞコチラよりご覧くださいませ。





それでは、明日からの週末。

また店頭でお待ちしております!







インスタグラムにて新たにMEETSのオフィシャルアカウントを作りました。


@meets.kumamoto_official ←こちら。


皆様、ぜひともフォローしていただけると幸いです!!





ホームページも随時更新中です。


何かご不明な点などございましたら、お気軽にご質問くださいませ。


それでは、お客様のご来店、心よりお待ちしております。










o MEETS ONLINE SHOP → http://www.meets-ichie.com/

o City Lights ONLINE SHOP → http://www.citylights-spiral.jp/

o ichie DAILY REPORT → http://ichie0803.blog.fc2.com/

o Herring Bone VOICE → http://herringbone0601.blog.fc2.com/







MEETS

上通りアーケードを並木坂方面へ向かい、ちょうど並木坂に入る右手にお惣菜屋さんがありますので、
そちらを右に曲がられて (坊主通り) 、次の4ツ角を左に曲がられますと (上之裏通り) 、直ぐ当店がございます。

ガラス張りのビルで、コーヒー屋さん、レディースショップさんと隣接しています。

〒860-0845 熊本市中央区上通町1それでは1-22 BRビル 1F
TEL&FAX : 096 - 351 - 9777
E-mail : meets1974@gmail.com

everyday open !! [12:00 ~ 20:00]






meetsnewmap_20180531_31941.jpg




スポンサーサイト



  1. 2018/06/22(金) 17:45:44|
  2. 商品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フォント | ホーム | 夏の柄シャツ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://meetsichie.blog26.fc2.com/tb.php/4691-aeff8f4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

テリー

Author:テリー
MEETS STAFF によるブログ、MEETS VOICE へようこそ。

熊本県熊本市中央区上通町11-22 BRビル
096-351-9777

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

MEETS MAP


大きな地図で見る

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる