FC2ブログ

MEETS VOICE

A VONTADEやorslow、CURLY、BRU NA BOINNE、MOJITO、COMOLIなどの質の高い国内のブランドから、アメリカ、ヨーロッパからの質実剛健なインポート、DeadStockなどを展開するMEETSのスタッフによる日々の出来事や商品をご紹介する BLOG です。

今回は、一味違います。


皆様こんにちは、ヨシダです。

さあ、11月もスタート。

11月1日という事で、これは何かあるなとggったところ。

犬の日。だそうです。


由来は1(ワン)、1(ワン)、1(ワン)。との事。



であれば、1月11日はどうだろうと調べたところ、

犬の日は11月1日のみでした。




ニャンともワンダフルな結果に釈然としないので、

個人的に命名しようかと。



11月1日。

1が3つ。

"1"推し。


はい、今日はイチオシの日です!



故に、このくだりは11月11日、1月11日へと続きます。


特に、1が4つ並んだ11月11日へのプレッシャーに、既に押し潰されそうでございます。



といったところで、


本日は、イチオシのコートをご紹介。




IMG_4741_20181101_35539_2018110118244310f.jpg





YARMO(ヤーモ) "R/N Hospital Coat" ←click.



YARMOは、イギリスのグレートヤーモスにて1898年創業。
インダストリアルワークとマリンウエアーを中心に、YARMO(ヤーモ)ネームの名で国内販売されています。
又、英国国防省を始め、オイルメーカーの“BP”“SHELL”医薬品の“PFIZER”などのOEM生産も請負っています。
昨今、欧米のワークメイカーが、第三国生産や日本国内でのライセンス生産に全て切り替わる中、
YARMO(ヤーモ)製品の約8割は現在でも英国グレートヤーモスの自社工場で生産を続けています。
英国国内で100年以上の歴史があるワークメイカーとしては大変貴重なファクトリーです。




さて、今回のYARMO。

いつものYARMOとは一味違いますよ。



IMG_4742_20181101_35540.jpg



このタグに違和感を感じた方、かなりのYARMO通ですね。



そう、今回はいつもの"Yarmo"タグではありません。




つまり、いつものYarmoとは一味違うんです。




タグが示す、"Admiralty 1939" → Admiralty(海軍)、1939年。

もうお分かりですね。



このタグが付いたラインは、

1939年の英国海軍への官給品を再現した「Admiraltyシリーズ」。

ブロードアローが、眩いばかりの存在感を放ってます。

言わずもがな、このブロードアローはイギリスの"官給品"である事を示すマーク。


一般的な呼称は、「イギリス軍物」、「ブリティッシュミリタリー」ですが、

ブロードアロー自体は、官給品である事を示すだけのものなんで、そこら辺はお間違いなく。





Yarmoが過去にイギリス軍に納品していた事実。



そしてそれを現代に再現してくれた事への喜び。






それだけでお腹一杯になりそうですが、しばしお待ちを。





IMG_4745_20181101_35542.jpg



ベースとなってるのは、1939年代のイギリス軍ホスピタルコート。


イギリス軍のホスピタル(メディカル)モノはテーラータイプのアレしかイメージなかったですね。


まんまこのデザインは、個人的にイギリス軍だと見た事がないです。


どちらかと言えば、チェコ軍のイメージ。


思えば、この年代。

チェコ軍は併合により一時分散しイギリス軍に加わってたんで、その関係なんですかね?

すんません、詳しい方教えてください。




IMG_4749_20181101_35546.jpg





とにもかくにも、このライン。



いつものヤーモより、リトルグッドなラインです。





"どの辺が?"との問いには、


即答で、”出で立ち(オーラ)が!”と答えさせて頂きますね。





具体的に、そのオーラの違いというのは、

素材だったり細かいディテールだったりするんですが、


このコートに関しては、やはりマテリアルの比重が大きいですね。




デザイン自体は、やはり変えられないというか、

ずっと変わらないのがYARMOの良さでもあるんで。




IMG_4755_20181101_35549.jpg






オーラの源である素材は、ウールドビーメルトンが使用されてます。


ドビー織りの表情、

よくみると4色ブレンドで奥行きのあるオリーブの色合い。



そしてカサっとしたドライな質感。



まさに”ブリティッシュクラシック"な素材。




いや~、たまんないですね、この雰囲気。




なんなんでしょうね、一見粗野なのに高級感があるというか。




個人的にポールハーデンとか大好きなんで、

まさにこの素材なんかは惹かれまくりなんです。




007_20181101_35529.jpg





008_20181101_35530.jpg





009_20181101_35531.jpg






ショールカラーで、優しい雰囲気。


軍モノ臭さ、というか男臭さが程よく抜けて着やすいデザインですよね。




しかしながら感じる事の出来る、ジェントルメンな貫禄。




いわゆるガウンなんで、ガバっとラフに羽織ってみてください。



写真だとシャツ合わせですが、これからアウターの上から羽織っても全然ありですよ。







いつもとは一味違ったこのオーラ。



是非、見に纏ってみてください。





それでは!








インスタグラムにて新たにMEETSのオフィシャルアカウントを作りました。


@meets.kumamoto_official ←こちら。


皆様、ぜひともフォローしていただけると幸いです!!





ホームページも随時更新中です。


何かご不明な点などございましたら、お気軽にご質問くださいませ。


それでは、お客様のご来店、心よりお待ちしております。










o MEETS ONLINE SHOP → http://www.meets-ichie.com/

o City Lights ONLINE SHOP → http://www.citylights-spiral.jp/

o ichie DAILY REPORT → http://ichie0803.blog.fc2.com/

o Herring Bone VOICE → http://herringbone0601.blog.fc2.com/





MEETS

上通りアーケードを並木坂方面へ向かい、ちょうど並木坂に入る右手にお惣菜屋さんがありますので、
そちらを右に曲がられて (坊主通り) 、次の4ツ角を左に曲がられますと (上之裏通り) 、直ぐ当店がございます。

ガラス張りのビルで、コーヒー屋さん、レディースショップさんと隣接しています。

〒860-0845 熊本市中央区上通町1それでは1-22 BRビル 1F
TEL&FAX : 096 - 351 - 9777
E-mail : meets1974@gmail.com

everyday open !! [12:00 ~ 20:00]






meetsnewmap_20180531_31941.jpg
スポンサーサイト
  1. 2018/11/01(木) 18:33:23|
  2. 商品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最強のダウン | ホーム | ヨーロピアン。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://meetsichie.blog26.fc2.com/tb.php/4841-4227f3ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

テリー

Author:テリー
MEETS STAFF によるブログ、MEETS VOICE へようこそ。

熊本県熊本市中央区上通町11-22 BRビル
096-351-9777

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

MEETS MAP


大きな地図で見る

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる