FC2ブログ

MEETS VOICE

A VONTADEやorslow、CURLY、BRU NA BOINNE、MOJITO、COMOLIなどの質の高い国内のブランドから、アメリカ、ヨーロッパからの質実剛健なインポート、DeadStockなどを展開するMEETSのスタッフによる日々の出来事や商品をご紹介する BLOG です。

最強のダウン


皆様こんばんは、ヨシダでございます。


早速ですが、



”一生モノ”のダウン、いかがでしょう。





MEETSに、"MIZUSAWA DOWN"が入荷してきました。




ダウンをお探しの方、是非ともご注目下さい。




IMG_4786_20181102_35569.jpg




ご存知の方が圧倒的多数でしょうが、念のため。


水沢ダウンとは、

大阪市にある株式会社デサントが一丸となって、

2010年バンクーバー五輪の日本選手団に提供するために開発され、

2008年より販売されているダウンジャケットです。

2008年に登場以来、年を追うごとに認知度・存在感を高める「水沢ダウン」。


"ダウンといえば、ヨーロッパ"という風潮の中にあって、

ジャパンクオリティダウンとして一際輝きを放つブランドです。



その余りのクオリティの高さに、"最強のダウン"と評する方々も多いとの事。



ちなみに、「水沢」というのは人物名ではなく、工場名からとられています。

後述しますが、水沢ダウンの特徴と言えばシームレスによる、「保温性」と「耐水性」。

そこで求められるのは保温を高める「羽毛」と「防水の縫製」。


この根幹を成す、二つのクオリティを一つの工場で完結させることが出来るのが

岩手県の水沢工場だけだったことから「水沢」の名前が採用されているんですね。



縫製はもちろん、ダウンを詰める作業まで全てが「日本製」という高品質。

まさに、究極のジャパニーズダウンです。



世界的にも、数々の賞を受賞し、

"一回着ると虜になるダウン"とも言われているほどの機能性がありつつも、

トレンドに左右されないシンプルなデザインもまた、水沢ダウンの魅力ではないでしょうか。



IMG_4773_20181102_35575.jpg



DESCENTE ALLTERRAIN (デサントオルテライン) MIZUSAWA DOWN JACKET "ANCHOR"[BLACK] ←click.



さて、今回取り扱うモデル、”ANCHOR”。



水沢ダウンの原点とされるモデルです。

2008年よりずっと愛されるロングセラー。

いわゆる、"THE・MIZUSAWA"な定番ダウンです。



水沢ビギナーの方には、是非ともコチラがおすすめですよ。




まずは素晴らしい機能性。


IMG_4745_20181101_35542_201811022142588ca.jpg

(※画像 descent HPより)

水沢ダウンの表面は、非常に高い撥水性を持ちます。

ダウンの弱点として、縫い目がある事で隙間水の侵入があります。

これを水沢ダウンは、熱接着などを駆使しながらステッチを最小にとどめ、

縫い目を閉じる様に撥水用テープを接着することで、ほぼ完全に水をシャットアウト。


また、この工程により、

ダウンのもう一つの弱点である、”羽抜け”もほぼ完全に防止に成功。

さらには"羽毛が抜ける心配が無い"ため、

予め脇の下などの"可動部の羽毛を少なく"したりと

機能性面の細かい調整まで行われているというから驚き。



さらにさらに、

副次的に内部のダウンの密閉性が高まったことによって、

"より少ないダウンで高い保温"が可能になり、

保温性をキープしつつ、ダウン特有のモコモコ感が解消されています。



IMG_4778_20181102_35562.jpg



当然ながら、シームレスが故に、非常にデザイン性においても特異性を発揮しています。
モード感すら漂う、洗練された大人な表情になるのも頷けますね。



IMG_4788_20181102_35570.jpg


HEAT NAVIと呼ばれる、

裏地に、太陽の熱を効率よく熱に変換するオリジナル素材が使用されてます。

ダウンの保温性に加えて、発熱の素材が採用されているとなれば鬼に金棒。

自然の力で発熱することでエコも謳われており、いい事づくしな素材を使用してるんですね。



IMG_4783_20181102_35566.jpg




DUAL ZIP VENTILATIONと呼ばれる、フロントジッパーが二つのデザイン。

二列のジッパーはレイヤードデザインとして使われる事もありますが、そこはMIZUSAWA。

やはり意図した機能面が備わっているんです。

一番表面にあるジッパーは見ての通り止水ジッパー。

二つ目のファスナーはメッシュ素材を採用。

汗による空気の蒸れなどを循環させたい場合に

メッシュファスナーだけにすることでなんと、体温調節まで行うことが出来るんです。




IMG_4781_20181102_35564.jpg




この脇下部分も実はシームレス。

アスリート専用のスポーツウェアなどに用いられるこの特別な設計を採用する事で、腕の可動域が抜群に向上。

4WAYストレッチ素材DERMIZAX MICRO STRETCHと相まって、抜群の着心地へと繋がってます。



IMG_4776_20181102_35561.jpg







すごいですね、さすが世界のMIZUSAWA。
これだけでも、他を圧倒するダウンである事は想像に難くないはず。



IMG_4790_20181102_35572.jpg



ANCHORは、

フード着脱可能な2WAY仕様が何とも嬉しいですね。

気分に合わせて、インナーを変えてみたり、様々な着こなしが楽しめます。




004_20181030_35553.jpg


シルエットはタイトです、前述通り、かなり洗練されてます。

前述通り、抜群の保温性を誇りますので、

"中に着込まなくても十分だよ"と、水沢ダウンからメッセージが届いてます。





とにもかくにも、ダウンをお探しの方。

是非、”一生モノ”のダウン、いかがですか?

気になる方は、お早めにどうぞ。





それでは!







インスタグラムにて新たにMEETSのオフィシャルアカウントを作りました。


@meets.kumamoto_official ←こちら。


皆様、ぜひともフォローしていただけると幸いです!!





ホームページも随時更新中です。


何かご不明な点などございましたら、お気軽にご質問くださいませ。


それでは、お客様のご来店、心よりお待ちしております。










o MEETS ONLINE SHOP → http://www.meets-ichie.com/

o City Lights ONLINE SHOP → http://www.citylights-spiral.jp/

o ichie DAILY REPORT → http://ichie0803.blog.fc2.com/

o Herring Bone VOICE → http://herringbone0601.blog.fc2.com/





MEETS

上通りアーケードを並木坂方面へ向かい、ちょうど並木坂に入る右手にお惣菜屋さんがありますので、
そちらを右に曲がられて (坊主通り) 、次の4ツ角を左に曲がられますと (上之裏通り) 、直ぐ当店がございます。

ガラス張りのビルで、コーヒー屋さん、レディースショップさんと隣接しています。

〒860-0845 熊本市中央区上通町1それでは1-22 BRビル 1F
TEL&FAX : 096 - 351 - 9777
E-mail : meets1974@gmail.com

everyday open !! [12:00 ~ 20:00]






meetsnewmap_20180531_31941.jpg
スポンサーサイト
  1. 2018/11/02(金) 21:59:06|
  2. 商品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<MEETSだけでしか手に入らないフリースCAP。 | ホーム | 今回は、一味違います。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://meetsichie.blog26.fc2.com/tb.php/4842-8db036a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

テリー

Author:テリー
MEETS STAFF によるブログ、MEETS VOICE へようこそ。

熊本県熊本市中央区上通町11-22 BRビル
096-351-9777

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

MEETS MAP


大きな地図で見る

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる