FC2ブログ

MEETS VOICE

A VONTADEやorslow、CURLY、BRU NA BOINNE、MOJITO、COMOLIなどの質の高い国内のブランドから、アメリカ、ヨーロッパからの質実剛健なインポート、DeadStockなどを展開するMEETSのスタッフによる日々の出来事や商品をご紹介する BLOG です。

至極のコラボレーション。




こんばんは、キノシタです。


「至極のコラボレーション」アイテムが入荷致しました。


取り急ぎ、ご紹介致します。




info_201905_danner_1.png

image by snow peak




007_20190610_40869.jpg


snow peak DANNER TRAIL FIELD PRO (HP未掲載)


color : BLACK

size : US9 (27cm) / US10 (28cm)

price : ¥31,104- (tax in)





snow peak × DANNER。


何という豪華なコラボでしょう。


ダナーとはなんぞやという方にも、


勿論知っているという方にも、今一度おさらいを。




- Danner -


1932年チペワフォールズでチャールズダナーが安い仕事用ブーツを5人の労働者と一緒に作り始め、

一足4ドルで売ることから始まりました。

その後、チャールズダナーがオレゴン州ポートランドでビジネスを展開し、

当時、質の高いチョークロガーを作り始めて一足20ドルで売り始めました。

1959年、アメリカで初めてビブラムソールを用いたシューズを開発し、

ダナーのマウンテントレールが一番登りやすいブーツとバックパッカー雑誌に取り上げられ、

ダナーは ハイキング業界でプレミアなブランドとなります。

1979年には、靴企業では初めて"ゴアテックス"を使用したシューズを展開し、

「ダナー」ブランドは確固たる地位に。「軽量」で「快適」、

1足、1足を厳選された素材で、時間をかけて丹念に手作業でシューズを作り上げる、

というスタンスは今でも変わることはありません。





都会と自然を行き来する、という共通点を持つスノーピークとダナー。


また、高い生産技術で、クオリティを保ち続けるものづくりの姿勢も相通じるところがございます。


アウトドア、とりわけ山というところで、


トップクラスのプロダクトを輩出する両者のコラボとなれば、


コレは見逃す訳にはいきません。




010_20190610_40872.jpg



009_20190610_40871.jpg




ベースとなるのはダナーのアウトドアラインから登場した「トレイルフィールド」。


そこに、トゥ部分の自在パーツやアイレットの色変更など、


スノーピークらしいアレンジを加わっております。


質実剛健としたモデルにスノーピークの遊び心がプラスされました。


印象としては「より山から街に近づいた」感がございます。


根っからのダナーラバーの方からすると、


物足りなさを感じるルックスかもしれません。


ただ、裏を返せば、よりソリッドなデザインで、


「カッコ良く」履けるようになったと捉えることもできます。




012_20190610_40874.jpg



008_20190610_40870.jpg




ただ、「タウンとアウトドアを行き来する」というコンセプトは全くブレておりません。


コレがスノーピークのアイデンティティでございます。


アッパーには防水・透湿性能に優れたゴアテックス素材。


ソールには高いグリップ力と耐摩耗性のあるビブラムソール。


トレイルやキャンプといったアウトドアシーンに十分に対応できるスペックです。


がっつりヘビーデューティな用途から、


普段履きまでカバーして余りあるハイスペックでございます。


これからの季節だと、梅雨の時期に活躍すること間違いなしです。


ハイキングブーツらしくガツガツ使っていただきたいですね。




013_20190610_40875.jpg



014_20190610_40876.jpg




変え紐はアッパーとアイレットとリンクした2トーンカラーに。


これがまた絶妙なカラーリングでカッコいいんですよね。


ACミランしかり、シャア専用ザクしかり、、、。


何故か赤黒というカラーリングには惹かれてしまいますね。




002_20190610_40864.jpg


sweat : A VONTADE
pants : MASTER & Co.
cap : City Lights Bookstore
accessory : Colina Yazzie




003_20190610_40865.jpg



006_20190610_40867.jpg



005_20190610_40866.jpg




野暮ったすぎないルックスがこの時期にピッタリのいい塩梅。


ゴアテックス素材自体に透湿性があるので、


今日も気温が高かったですが、そこまでブーツを履いているという感触はなく、


意外と涼しく履くことができました。




015_20190610_40877.jpg


snow peak DANNER TRAIL FIELD PRO (HP未掲載)


color : BLACK

size : US9 (27cm) / US10 (28cm)

price : ¥31,104- (tax in)




004_20190610_40868.jpg




「至極のコラボレーション」。


是非ともご賞味ください。


それでは。






[今日の1本]

"スタンド・バイ・ミー" (原題 : Stand by Me)


ご存知の方も多いでしょう、名作中の名作ですね。

もう何回観たか分かりませんが、何度観かえしてもおもしろいです。

青春の葛藤、少年時代の冒険、死生感まで描いた名作。

MEETSにもこの映画のワンシーンがプリントされたTシャツがあったんですが、

あれよあれよで完売。

買っとけばよかった、、、。

色褪せない名作、お試しあれ!




640.jpg









・Instagram

MEETS Official Account

@meets.kumamoto_official

MEETS Staff Account

→ @meets_yoshida

→ @meets_syusei.k



皆様、ぜひともフォローしていただけると幸いです!!





ホームページも随時更新中です。


何かご不明な点などございましたら、お気軽にご質問くださいませ。


それでは、お客様のご来店、心よりお待ちしております。










o MEETS ONLINE SHOP → http://www.meets-ichie.com/

o City Lights ONLINE SHOP → http://www.citylights-spiral.jp/

o ichie ONLINE SHOP → http://www.ichie-spiral.jp/

o Herring Bone VOICE → http://herringbone0601.blog.fc2.com/

o 五厘のつぶやき → https://meets1974.hatenablog.com/





MEETS

上通りアーケードを並木坂方面へ向かい、ちょうど並木坂に入る右手にお惣菜屋さんがありますので、
そちらを右に曲がられて (坊主通り) 、次の4ツ角を左に曲がられますと (上之裏通り) 、直ぐ当店がございます。

ガラス張りのビルで、コーヒー屋さん、レディースショップさんと隣接しています。

〒860-0845 熊本市中央区上通町11-22 BRビル 1F
TEL&FAX : 096 - 351 - 9777
E-mail : meets1974@gmail.com

everyday open !! [12:00 ~ 20:00]






meetsnewmap_20180531_31941.jpg
スポンサーサイト
  1. 2019/06/10(月) 20:54:57|
  2. 商品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<”履いて”確かめてみてください。 | ホーム | 今日のスタッフ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://meetsichie.blog26.fc2.com/tb.php/5159-fd008b38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

テリー

Author:テリー
MEETS STAFF によるブログ、MEETS VOICE へようこそ。

熊本県熊本市中央区上通町11-22 BRビル
096-351-9777

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

MEETS MAP


大きな地図で見る

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる